フェラーリ312T2 1/24ペーパークラフト

データーにはパスワードが掛かっています、パスワードは広告動画の最後に表示されますので動画をご覧願います。

先代の312Bをベースにギヤボックスを横置きにしてショートホイールベース化して、問題視されていたハンドリングの問題を解消したマシーンが1975年に投入された312Tです、レギュレーションの変更により廃止されたインダクションポッドに代わり、コクピット両側面にNACAが配置されています。

西ドイツGPで、N.ラウダは瀕死の重傷を負い、結果僅差でマクラーレンのJ.ハントに敗れましたが、コンストラクターズチャンピオンはフェーラーリが獲得しましたフェラーリは、翌77年もダクトの形状を変えた312T2で挑み、ドライバーズチャンピオンはN.ラウダが獲得するも、コンストラクターはロータスに敗れました。

 

モデルデーター

N.ラウダ  C.レガッツォーニ

組立説明書

モデル詳細