ハイブリッドクラフト ラジオコントロールカー

1/24スケールでラジコンカーを作りました


1970年代、F1マシーンには個性がありました。
そんなF1マシーンをモチーフにラジコンカーを作りました。
この時代のマシーンは現在とは比べ物にならない位、安全性が低く、毎年のようにドライバーが事故死していました。
危険と背中合わせで個性豊かなマシーンに彩られたF1の世界。
当時のF1マシーンには哀愁とロマンを感じます。
70年代のF1マシーンの渋さが解る人だけ解って下さい。
紙の穴のリリースするF1の世界を。

シャーシはジュラコン製です

レーザーカット加工による切り出しです。
インラインレイアウトです、モーターはマブチR130を使用していますので、タミヤ製ミニ4駆用モーターにカスタマイズする事ができます。
サスペンションは、ジュラコンのたわみで再現してあります。

超小型ウルトラマイクロサーボ 小型ESC

驚くほど小型軽量のサーボとESCです
これらのメカがあったからこそ、このサイズでの、ラジコン化が実現出来ました。電源は3.7Vです。

ボディーは、ペーパークラフトとバキュームフォームキットを融合させたハイブリッドクラフト

プラ板を熱して真空成型し、ノーズやカウルなどの細かい凹凸があるディティールや曲面などを再現し、バキュームで成型できない形状の部分をペーパークラフトで作ります、塗装が前提ですがリアルに仕上がります。

ラインナップ

 ちんかつレーサー モデル 7301

 ちんかつ レーサー モデル7305

 

minne   Creema  で販売しています

ドライバーフィギュアのヘルメットはレジンキャスト製

 

今後は70年代のF1をメインにラインナップを追加させていく予定です。マシーンの名称は徐に公開出来ないので、年式とカーナンバーをモデル名として公開いたします

戻る