レーザッカッターを購入して


6万円で買えるレーザーカッターを買いました

プラスチックを切るにはかなり時間が掛かりますが、段ボールやバルサはスグ切れます

この機械で初めに作った物は、EPPクラフトのフライトグライダーの紙部品でした。

プラモデルのやうに、ランナーに部品が付いている形状に切り抜いたものです。

次に作った物が、ハイブリッドクラフト版振動ファイターの紙部品です。

切抜いたバルサを積層して、バキュームの型にも使いました

ハイブリッドクラフトといえば、ラジコンも作りました

時間は掛かりますが、厚紙もカット出来ます

手作業では切り難い厚紙をカットして多用しました

今まで作っていたペーパークラフトは色を塗る必要がありませんでしたが、塗装が前提の模型となってしまいました

しかし、仕上がりは格段に上です

これが、ハイブリッドクラフトです

3Dプリンターが無かった頃は、バルサの積層で、よくバキュームの型を作ったものでした。

ちょっと原点に返ってみやうと思い、紙の模型を作ってみました(一部バキューム使用)

ゾイドのやうなメカ生物です

ザリガニとシーラカンスです

組立は、はめ込んで、ノリで固定します。

厚紙をレーザーカットして作りました。

もう既に、カッターで切る抜くタイプのペーパークラフトは嫌になりましたね。

印刷した紙の切り抜き線を正確に切ることが出来ないので、色は付けられませんが、色紙を切抜いて組み合わせればフルカラーのモデルも作れます

レーザーカッターで作った振動ファイターがコチラです

そして今、3Dプリンターが加わりました

3Dプリンターの出力品と、レーザーカッターで切り抜いた物を組合わせれば、新たなハイブリッド模型が生まれます

固定概念に囚われず、新しい模型を生み出していこうと思います

レーザーカットの最新記事8件